キッチンの生ゴミ入れならこれがイチ押し!ステンレス製ダストポット

主婦 おすすめ

生ゴミは、料理をする家のキッチンには必ず発生するものですよね。(;^ω^)

生ゴミをいかに楽に、そして手に触れずに、嫌な臭いを嗅がずに捨てるには、どうしたらいいのか?

 

毎日の料理だから面倒は嫌だ。

煩わしいのは嫌だけれど、三角コーナーのように、ぬるぬるベタベタするゴミ入れを洗うこともしたくない。

使い勝手が良くて、衛生的にもgoodな生ゴミ入れはないのだろうか?

かつて私もそんなことに悩んでいました。

 

生ゴミの捨て方は千差万別ですが、シンプルかつ衛生的ならば、絶対に続けたくなりますよね。

 

考え抜いた結果、私は「ふた付きステンレス製ダストポット」にすることにしました。

それから長い間使っていますが、非常に気に入っています。

 

皆さんの「キッチンシンクの生ゴミ入れは、どういうものにしようかな?」という悩みのご参考になれば、幸いです~!

 

スポンサーリンク

シンクの生ゴミ入れはステンレス製ダスターポットが楽でキレイ!

 

とにかく、ずぼらな私。

あまり掃除は好きじゃないし、なるべく手を汚さずに生ごみを捨てたいという想いで探したのは、この生ごみ入れです!

 

ジャーン!

これ、もうかれこれ10年くらい使っています。

 

ステンレス製なので、キレイをずーっと保ってくれています。

 

しかも、我が家の使い方は、新聞紙をくるっと入れるので、手を汚さず、そのままゴミとして捨てています。

勿論、手も汚れません。

円錐の下の小さな穴から排水できるので、水切りもばっちりできる優れものなのです。

 

 

蓋もついています。

私は邪魔なので使っていませんが、臭いが気になる方は使ったらいいと思います。

やはり、夏場は多少なりとも臭いが出ます。

私は夏場は、生ゴミスプレーを使っています。生ゴミの消臭が出来るタイプのものや重曹でも臭いが大分軽減できますよ!

新聞に包んで捨てられるので、臭いも少しは軽減できているように感じます。

 

ステンレスなので、見た目もスタイリッシュで、我が家のシンクの色にもなじんでいます。

 

三角コーナーは、掃除が大変だけれど、あえて、ゴミ入れを作らず、その都度出る生ゴミをビニール袋に入れるのも、なんだかしっくりこなかった私・・・。

ビニール袋は入れにくいなぁと思うし、見た目もなんだか汚いから、料理するのが嫌になることがあったなぁと感じました。

 

 

でも、このふた付き円錐形ダストポットは、間口がとにかく広いので、どんな大きさの生ゴミでもポイっといれられます。

 

私自身が使ってみて本当に良かった~と、心から満足できた商品のひとつです。

是非、あなたにも使ってみて欲しいなぁと思います。

 

 ステンレス製ダスターポットのメリットと詳細

正式な商品名はよく分かりませんが、私が使っているタイプの生ゴミ入れをネットで調べてみました。

(私が買ったのは10年以上前なので、全く同じものは売っていませんでした。)

 

楽天やAmazonでは、円錐型ダストポットで検索すると、同じような商品がたくさん出てきます。

 

大きさや、ホルダーの形が違う程度で、そんなに差は無いと思います。

 

一例としてではありますが、下記の商品もおススメします。

値段もお手頃ですし、使ってみて欲しいなぁと思います!

ステンレス製 ダストポット 円錐コーナーポット フタ付き ハンドル付き 日本製

 

蓋付き円錐形ダストポットのスペック

商品の大きさ  22cm×15cm×18cm

重さ      320g

素材      ステンレス製

特長      ホルダー (ハンドル付き)

付属品     吸盤 (取付用)

 

円錐形ダストポットのメリット

・ホルダー(ハンドル付き) なので、手を汚さずに捨てることが出来る。

・円錐形でかつステンレス製なので、汚れが付きにくく、スポンジでさっと洗えるので楽。

・水切りネットも使わなくて済むので、経済的。私は新聞紙を使っていますが、お好みで!

・ふた付きなので、臭いを封じ込めることが出来る。

・ゴミ受けの下は穴が開いていて、水切りが出来る。

・シンクに吸盤で取り付けるので、どこでも取り付け、取り外し可能です。

 

生ゴミ入れが使いやすく綺麗なものに変わると、キッチンでの家事がより楽しくなりますよ。

 

 

 ステンレス製ダスターポットのデメリットや注意点は?

不便だなぁと感じたことは、本当にありません。

 

ステンレス製ダストポットのデメリット

ただ、一つあるとしたら、重たい生ゴミ、例えばキャベツやブロッコリーの芯、メロンの皮、スイカの皮などは、入れるとぐらぐらしてこぼれてしまうので、入れないようにしています。
でも、それくらいかなと思います。

 

こういった重たい生ゴミは、この生ゴミ入れには入れずに処理しています。

 

 

まとめ

料理をすると、必ず出てくる生ゴミ問題。

 

主婦をしていると、生ゴミちゃんと毎日つきあうことになります。(笑)

直接、手に生ごみがつかないって、とっても嬉しいです。

見た目もスタイリッシュで、我が家のキッチンで一緒に料理をしてくれていた友達は、「この生ゴミ入れっていいよね、すご~い好き~」と言ってくれました。

「買おっかな~」と話していました。

 

ビニール袋に直接生ゴミを入れる人も沢山いらっしゃると思います。

でも、ビニール袋も買わないといけないし、もったいないですよね。

 

その点、新聞紙なら読んだ後に使えるので、一石二鳥です。

新聞紙は購読していないという方は、新聞紙を使わず、そのまま生ゴミをポイしてもいいです。むしろ、そういった使い方をするゴミ入れなのかもしれません。

新聞紙を使うのは、我が家流ですね、きっと。

 

また、洗うときも、三角コーナーのようなガタガタとした部分がないので、とっても洗いやすいですよ。楽ちんです!

主婦 おすすめ
ayumi1をフォローする
スポンサーリンク
子育て花まるブログ