幼児おもちゃ ペットボトルで手作り新幹線

子供 勉強

 

子供のおもちゃは発達に大切なものではありますが、子育てを振り返ると・・・・

おもちゃって結構かさばるし、時期が来ると不要物と化し、ゴミになるなぁと。

 

それなら、おもちゃは手作りしたほうがいいのでは??と思い、作ってみたら、意外とちゃんと作れて、子供も遊んでくれて、お金もかからないし、良いこと尽くしだということに、今更ながら気が付いた私。^^

今回の記事は、ペットボトルで『かっこいい新幹線』を作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ペットボトルで作る「新幹線」の作り方 [動画編]

新幹線の材料

  • ビニールテープ (自分の作りたい新幹線のカラーを選ぼう)
  • ペットボトル
  • ペットボトルのふた
  • 割りばし 2本
  • ストロー 2本

道具

  • きり
  • はさみ
  • セロファンテープ
  • 木工用ボンド

ペットボトルで作る「新幹線」の作り方 【静止画】

静止画の次に、動画でも作り方を解説しています。

新幹線の顔の部分を作ろう

まず、用意する材料です。

ペットボトル(形状は四角いものが良い) 2本、フタ 8個、割りばし 4本、ストロー2本、カラービニールテープ3~4つ、はさみ、ボンド、きり、セロハンテープ

ふたの部分を切り取る

ペットボトルに切り込みを入れて、セロハンテープでとめて形を作る。

ビニールテープを成型したペットボトルに巻きつけて、色付けしていく。次の車両に連結するために、磁石をビニールテープの内側に取り付ける。

 

さらに、ビニールテープで色を付けていく。

 

車輪を作ろう

割りばしの両端を鉛筆のように削る。

ふたに穴をあける。

ふたに割りばしを突き刺す。

ストローのなかに割りばしを入れて、もう一つのふたに割りばしを刺す。

車体に、車輪をくっつけよう

ストローを車体にセロハンテープで張り付ける。

ふたと、割りばしを外れないように木工用ボンドでつける。出来上がりはこんなかんじ。

全体のバランスをみるために、実際に動かしてみよう。

ペットボトルで作る「新幹線」の作り方 【静止画】

 

注意点はここだよ!

動きがわるいときは、どこを直せばいいの・・・?

車輪が水平でないとまっすぐ走れないよ。

車輪を水平に治そう!

ちゃんと前に進まないときは、どこを治せばいいの?

ふたと割りばしを接着剤で固定してね。

その部分が固定されないと、車だけがくるくる回って

前には進まないよ。

まとめ

今回は、ペットボトルで新幹線を作ってました。家にあるもので作れます。

夏休みの工作にも最適です。

おもちゃとして使うには、小学1年生くらいで飽きてしまうかもしれませんが、作る工程は楽しかったです。いろいろな種類の新幹線も、ビニールテープの色を変えるだけで作れます。親子で、安く、楽しく工作できますよ!

子供 勉強
ayumi1をフォローする
スポンサーリンク
子育て花まるブログ