紅葉のプロフィール♪

スポンサーリンク

初めまして。当ブログ運営者 紅葉 (もみじ) です♪

 

初めまして。当ブログ運営者の  紅葉 (もみじ)と申します♪

にこりっ ( ̄▽ ̄)

数あるブログの中から当ブログ「子育て花まるブログ」を読んで下さり、ありがとう~♪

紅葉のInstagram    https://www.instagram.com/healthyfood_mam/
紅葉のTwitter         只今、作成中です♥

紅葉・おススメ記事 4選!!!

  • 子育て中に実際に使ってみて良かったもの
  • 実際に通わせていた子供の習い事

  公文と学研ならどっちがいい? 両方に通わせた経験から徹底比較!

  • 子供の成長に必要なおすすめの食べ物 【子供を頭良くしたいママ必見!】

  体にいいお菓子10 スーパーで買える添加物の少ないお菓子

  • 忙しい共働きママにずっくり眠って欲しいから 【ママ必見アイテム!】

  枕の選び方に悩む人必見!ためしてガッテン

 

  • 子供をついつい怒鳴ってしまって反省してない?

     子供の上手な叱り方!ラグビーの故平尾誠二選手の名言から学ぶ

 

自分や子供たちが食べて良かった食べ物、野菜、食材、子供アイテム、ママの化粧品、便利なキッチン用品などをシェアしたいなぁと思います。

 

 

わたしってこんな人

わたしは、アラフィフで、2児の母 & パート主婦です。

 

家族は、旦那さんと高校生、小学生の2人の子供がいます。

 

34歳で結婚して、1年後に娘が生まれました。

40歳のとき高齢出産で長男が生まれました。

 

子育てと自分の老後が、少し重なります。(;^ω^)

高齢出産ならではの悩みもあります。

 

★これまでの私の道のり★

 

短大で取得した栄養士免許

21歳のときにワーキングホリデービザでオーストラリアに1年住み、仕事や旅行をした後、ニュージーランドで3か月間一人旅をしました。楽しかったです。

あの頃が懐かしいなぁ~♪

 

ワーキングホリデー制度とは、若者が外国で旅をしたり、語学学校に通ったり、アルバイトをすることも可能な制度です。

2021年現在、日本は、なんと、26か国もの国との協定が結ばれています。渡航先としてはダントツで、オーストラリア、カナダが人気だそうです。

 

たった一度の人生、一年くらい海外に住んじゃうのって、ありかなと思います。

この海外体験は、私の子育てをする上での考え方や価値観も変えてくれたと思っています。

 

★実際、子育てをして感じたこと★

子育てって、みんな初めてのことばかりな上に

1人の人間を『心身ともに、健全に』育てるということの重さをひしひし感じています。

子育てとは、私の人生のなかで、一番大切な仕事だと思うけど

でも、私は、自分に自信のない人間で、

「私なんか・・・」という思いが、常にどこかにある。

 

子育てを基礎から勉強してみたいと思い、保育士免許も取得しました。

自分を好きになれる子供に育つのかな・・という不安があります。

だから、私にとって、子育ては「自分育てそのものなのです。

 

ブログで伝えたい私の思い

日本で、安心して食べられる野菜、お肉、お魚をちゃん作っていって欲しいと願いながら、書いています。

 

現代社会は利便性を追求しすぎて、食べ物全体の栄養価が下がってきています。

  • ペットボトルの清涼飲料水
  • お菓子売り場のジャンクお菓子
  • 20~30年前より加工品の食品添加物の数が異様に増えた。なんで??? (´・ω`・)エッ?
  • 栄養が抜けたカット野菜
  • ファーストフードの多食 (# ゚Д゚)
  • 海外からのポストハーベスト農薬まみれの見た目がきれいな生鮮果物、生鮮野菜
  • 海外の食品を受け入れるための食品添加物数は、なんと世界ワーストワン (-_-;)

 

残念なことに、子供達の体も、当然変わってきています。

安全な食べ物を探すことが、難しい時代です。

現代は、甘いものや炭水化物に偏っている食事傾向があります。

ペットボトルの甘い清涼飲料水には、ぶどう糖果糖液糖として、遺伝子組み換えされたとうもろこしが入っていることも、知る人ぞ知る実情です。

世界的に規制されているトランス脂肪酸。日本では規制がありません。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングという形で、お菓子に入り込んでいます。

 

 

私は保育園や、放課後ティサービスでも働いていました。

発達障害のお子さん、アレルギーのお子さんも、保育、療育してきました。

 

何を食べさせるのかということは、思った以上に、子供の健全な発育に重要なことなのです。

 


子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 [ 内山葉子 ]

 

発達障害にクスリはいらない 子どもの脳と体を守る食事[本/雑誌] (ビタミン文庫) / 内山葉子/著 国光美佳/著

 

何を食べているのか、よく分からなくなっていること。これって、怖いことだと思いませんか。一緒に、食の真実を知ることから、始めてみませんか。

 

悲しいかな。

今の時代に、安全な食べ物を買うためには、良いものと、悪いものを嗅ぎ分ける知識が必要なのです。

そういう視点で、おススメな食品についても、紹介していきたいと思います。

 

我が家では、発達途中の子供の体のために、なるべく食品添加物を使っていない調味料加工品を買うようにしています。

 

体に良い食事は、家族全員を健康にします。

 

スナック菓子をやめて、加工品や化学調味料をなるべく使わない。

加工品は、体内のミネラル、ビタミンも消耗させ、悪循環を招きます。

食べなきゃ、危険! 食卓はミネラル不足 / 小若順一 【本】

 

子供の体に悪い食べ物  

  • 白砂糖     中毒性あり
  • 小麦粉(特に外国産)ポストハーベスト問題もあり 
  • 牛乳     飲みすぎ注意。殺菌でたんぱく質が変形。
  • 清涼飲料水  血糖値の乱高下で、感情面にもマイナス作用
  • スナック菓子 化学調味料と、酸化した油まみれ、栄養価が低い
  • インスタントラーメン プラスチック容器からも化学物質
  • トランス脂肪酸  

   西洋では禁止されている油

   マーガリン、ショートニング、市販の揚げ物、フライドポテトは控えよう

 

 

 

毎日食べて欲しいおススメの食材はこちらです。

こんな食事がいいな! 子供の体に良い食べ物

まごわやさしい」

  •    (豆類) 
  • ご   (ごま) 
  •    (わかめ) 
  •    (野菜) 
  •    (魚) 
  • し   (しいたけ) 
  •    (イモ類)

本当に和食って、素晴らしい!

ただ、塩分が高いので、薄味を心がけてます。

 

こんな食事してない? 「おかあさんはやすめ」って何 ?!

子供が好み、かつ、お母さんも比較的作りやすい、代表的な体に良くないメニューの代表軍』です。

「おかあさんはやすめ」

  •    (オムライス) 
  •    (カレーライス) 
  •    (アイスクリーム) 
  • さん  (サンドウィッチ) 
  •    (ハンバーグ) 
  • や   (焼きそば) 
  •    (スパゲッティー)
  •    (目玉焼き)

 

柔らかくて噛む習慣もつきにくい。

これらのメニューは、糖質、脂質は高く、野菜が少ない。

特に、ビタミンや食物繊維が全く足りない。

毎日は、控えたいですね!

 

お母さん、イライラしていませんか?

お母さん自身も質的栄養不足だと、イライラしたり、子供を叱ってばかりの行動に出やすくなります。

 

私も、そんなお母さんの一人でした。この本を読んでみて下さい。

 

あれ? と自分の心の変化にびっくりします。

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ [ 奥平智之 ]

 

日本の自給率は先進国の中でもとても低く、平成24年度ではたったの37%というお粗末さ。

食の意識が、日本の未来の自給率アップに繋がるものと信じています。

 

私たちに出来る事は、たとえば、

 

安全な食材は少し高くても買う。

 

食品添加物だらけの加工品や、外国産の果物や野菜を買わない。

 

地産地消を意識した買い物をする。

 

こうした小さな積み重ねは、市場を変える効果があります。

消費者は、世界を良くも悪くも、変えるパワーを持っているのです!! 

 

アニマルウェルフェアの意識も低い日本。

鶏肉や豚肉、牛肉も、せめて生きている間は、苦痛を与えず暮らしてほしいです。

 

狭くて暗いところで一生を終える鶏。

ケージの中で卵を搾取され続け、動けないまま一生を終える鶏。

雄のひよこは生後一日で殺されていることをご存知ですか?

 

家畜だって、広く、明るいところで暮らしたい。

痛みだってストレスだって感じて生きています。

 

人間だけが幸せに過ごす、そんな世界ではいつか生態系は崩れていきます。

 

卵 採卵鶏 肉用鶏 孵化業界に、雛の圧死や窒息死の廃止を求める

アニマルライツセンター公式HP

 

食べ物への感謝と、未来の子供への安全安心な食の橋渡しを一緒にしていきませんか?

 

あなたの生活に、少しでもお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。

そんな想いが伝わればなぁと思って、一生懸命書いています。

 

参考サイト

記事は下記の情報源・公式サイトを参考にして書いています。

厚生労働省 栄養・食育対策

消費者庁

国民生活センター

NPO法人食品と暮らしの安全基金(日本子孫基金)

当ブログ運営者 紅葉 (もみじ) より

スポンサーリンク
子育て花まるブログ